HOME > 介護に携わる現場の皆様へ

介護に携わる現場の皆様へ

いつもご苦労様です。
21世紀のグリーン液剤‘Stylish GREEN’は現場の環境を明るいものに変えていきます。
Stylish GREENをお使いになった体験談やチャレンジコーナー、お便りをご覧になっていただくと
現場のここで使ってみたい、あそこで使えるのではと思われることでしょう。

臭い対策に

現場ではにおいが大きな問題の一つとなっているのではないでしょうか。特に問題となっているのは汚物室からの臭いではないでしょうか。どうすれば、少しでも臭いが和らげることができるのか、一緒に考えてみたいと思います。

臭いのもと

排泄物、汚物から発生するいや〜な臭いは腐敗菌による腐敗臭です。窒素(N)を含んだ有機物が分解されるときに出ます。窒素はタンパク質の成分で、食べ物や生物の成分となっています。また、おしっこの成分でもあります。洗濯物を陰干ししたときに出る臭いも同じ仕組みです。

うんちの成分

さて、うんちですが、うんちを構成する成分を調べてみると、一番多いのは水分です、60%あります。食べ物の残りかすは大体5%程度です。意外ですね。実は腸の細胞の剥がれたもの、死んだものが15%〜20%も含まれているんです。そして、腸内の細菌の死骸が10〜15%です。水分以外では腸壁の細胞と腸内の細菌の死骸だけで25%〜35%あるということです。ちなみに便の色が黄土色、茶色なのは胆汁が原因です。
以上のことから分かるのは水分以外では、細胞や細菌の死骸+食べ物カスということになります。

おしっこの成分

おしっこが臭いと感じるのは、おしっこの成分に「尿素」というものがあります。この尿素が空気中の細菌に触れると「アンモニア」に分解されます。その際に臭いが発生します。

臭いを消すには

臭いを消すには4つの方法があります
1、臭いを発生させるバクテリアを除去する。
2、臭いを化学的に反応させて消す。
3、強い香りをふりかけて、匂いをかぶせて、ごまかす。
4、臭い吸着剤(活性炭など)を使う。

Stylish GREENには

1、化学反応を起こす働き
2、バクテリアを殺す働き
3、コーティングの働き

臭い物質の表面をコーティングし、臭いの発生する物質が揮発しないように膜を張る。
※以上の機能については当協会の会員による使用データにより明らかにされています。

Stylish GREENの使い方

・臭いの本の物質を原液および希釈液で拭き取る
・汚物に直接スプレーなどで噴霧

サンプル請求下さい

一度使ってみたいとと思う方には無料でサンプルを提供しています。

要望に応えます

Stylish GREENが有効でない場合は、当協会の液剤研究開発部Labo.1が皆様の要望に応えて問題解決のために研究します。気軽にお知らせください。一緒に解決したいと思います。
まずは、Stylish GREENをお試し下さい。

全国のクリーニングのプロのレポート

21世紀のグリーン液剤'Stylish GREEN'と'臭い'に関するレポートを全国の清掃のプロの皆さんいただいています。その中からいくつか紹介します。
1、Report bS5より―大阪マンションの定期清掃に入った時のことです。エレベーター側面に傷がつかないようにマットを張ることが決められている現場です。マットを張り終えて定期清掃を始めて二時間程経った頃、エレベーター内からすごいアンモニア臭がしてきました。おそらく、マットにおしっこをかけた人間がいたのでしょう。すごい臭いでした。仕方ないのでマットを干そうと抱えた時に私の手にもアンモニア臭がついてしまいました。ちょうど手洗い場が近くになかったのでStylish GREENの原液を手に擦り込みました。そしたら見事に臭いがきれいに消えていました。臭いも取れるのはわかっていましたけど、こんなにひどい臭いがまったく消えてしまったのにはホントにビックリしましたね。それにもっと驚くのはその後も水で手を洗い流していないことです。手にStylish GREENをつけた後タオルで拭き取ってもいないんですよ。水が必要ないのには2度びっくりです。
2、Report bQ02より―茨城県建設現場にある簡易水洗トイレを使い始めてからまもなくアンモニア臭が漂ってきました。レンタル会社が置いていった洗浄液は脱臭効果もあるとの事でしたが結構強い臭いが漂い始めました。そこでStylish GREENを使ってみることにしました。20?の洗浄タンクに1?のStylish GREENと約5リットルの洗浄液と水14リットルの混合液を作り試してみたところ、毎日使用するたびに臭いが消えていくではありませんか。びっくりしました。使用してから約1ヶ月で、今ではほとんどアンモニア臭がしません。
3、Report bT0―大阪営業の彼がそこにシリコンワックスを塗っている間に、自分の作業が終わったので、先ほどトイレ洗浄で使った器材を洗い始めました。5倍希釈の濃いアルカリ液のついたのを洗うのは大変でした。バケツやドライヤ−のぬるぬるしたのがなかなか取れないですし、特にモップは臭いも洗剤分も取るのにかなり時間がかかりました。しばらくして、シリコンワックスも塗り終わり、それに使用したモップを洗いましたら、今度は私の手にシリコンオイルの強烈な臭いがついてしまいました。同僚も手が空いたので一緒に洗っていて、お互いこの臭いに参っていました。さすがにこの臭いはStylish GREENで取れるかなあと思いましたが、やってみるとかなり取れましたね。二回洗うとほぼ臭いがなくなりました。同僚もStylish GREENを使い、「おお〜臭い、取れてますねえ、はっはっは!」と驚いていました。
4、Report bX3より―東京週1で定期清掃に入っているお宅での出来事です。3LDKのマンションです。玄関ドアを開けたとたん、むせ返るような魚焼きグリルの臭い・・・・・・毎度のこととは言えメゲる瞬間なのです。何よりもまず、問題のグリルを流しにおいて、少し熱めのお湯で流した後、5倍希釈のStylish GREENをスプレーして、他の作業をしていました。10分くらいたったのかな・・気がつくと、あのむせ返るようなこげた魚の油の臭いが消えていたのです。流しに戻ってグリルを観察してみると、トレイの底に乳白色に近い水溶液のようなものがさらさらと浮いていました。あとはやわらかめのスコッチでひと洗い、あみのこびりつきも、いとも簡単に取れました。汚れも臭いも取れる。

Stylish GREENってホントに不思議なグリーン液剤ですね。
Greengineer Reportのコーナーがあります。参考にしてください。